【危険な病気?】便が黒くて臭い原因について徹底分析!

便が黒っぽくて、とても臭いときはありませんか?
便が黒くて、臭いがきついときは、もしかすると体から病気のSOSのサインの可能性があります。

 

ここでは便がなぜ臭くなるのか、その原因だけでなく、黒い便、緑の便、白い便、赤い便など、さまざまな色の便で、どのような病気や臭いがあるかについて徹底分析していきます。
「最近出るうんこが、黒くて臭い・・」と、心配をされている方はぜひ参考にしてみてください。

もくじ ~便が黒くて臭い原因~

便が臭くなる原因とは?

便がなぜ臭くなるのかその原因について書いています。
便が臭くなる原因は、大きく分けて2つに分けることが出来ます。

  • 1.腸内環境の乱れ
  • 2.内臓系の病気

それでは1つずつ原因をみていってみましょう。

【便が臭くなる原因➀】腸内環境の乱れ

便が臭くなる原因でもっともポピュラーな原因は、この腸内環境の乱れです。
腸内環境が乱れることで、腸内に便が溜まったり(便秘)、腸内の悪玉菌が増えたりします。

 

便秘で溜まってしまった便は、腸内で腐って腐敗便になってしまい、便の臭いの原因のインドールやスカトール、アミン類などのニオイ成分を発生させます。
腐敗便からは悪玉菌も発生するので、さらに腸内環境は乱れていき、便秘も重度になっていきます。

 

便が硬くなって、腸内で腐敗便になると、コロコロ便になってしまったり、便が黒い色になって強い悪臭を発生させるようになります。

 

[便秘になる]⇒[便が腸内で腐る]⇒[腐敗便のにおいで便が臭くなる]⇒[腸内の悪玉菌が増える]⇒[さらに便秘が悪化する]・・・・・。

 

この負のスパイラルにハマってしまうと、便の臭いを改善するのは、とても難しいです。

 

こちらの【⇒便の臭いを改善するための3つの方法】で、便の臭いを改善する方法について、まとめているので参考にしてみてください。

 

便の臭いがクサくなる原因で、もっとも多いのが、この腸内環境の乱れで腸内の便が腐敗便になることです。

 

【便が臭くなる原因➁】内臓系の病気

便が臭くなる原因の2つめは、内臓系の病気です。
軽度のものでは、胃の消化不良や、腸の不調などですが、重度の病気では、胃潰瘍だったり、胃炎、胃のポリープ、十二指腸潰瘍の原因が可能性として挙げられます。

 

さらに胃がんや食道がん、十二指腸がん、なども便が臭くなる原因になります。

 

これらの病気は、出てきた便の色で、判断することも出来るので、次の項目で詳しく紹介していきます。
(少しでも病気の可能性があるかも・・と感じたら、すぐに病院に行って検査をしてもらうことが大切です。)

 

便で病気が分かる?便の色で身体の調子をチェック

ここでは、便の色で分かる病気についてまとめています。黒くて臭い便が出る人や、白い便が出る人など、どのような病気が原因なのかをぜひチェックしてみてください。

 

黒い色の便

黒い便は、臭いがきついことが特徴です。
腸内に長く便が留まることで便が腐敗して、黒くて臭い便になります。イカスミなどの黒い食材や、薬の副作用などで黒くなる場合もあります。
濃い茶色の便ならば心配はないのですが、黒い便が出る場合は、以下の病気が原因になっている可能性があります。

便臭い原因病気の原因

 

胃潰瘍、胃炎、胃ポリープ、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸炎、胃がん、十二指腸がん など

 

白い色の便

白い便が出る場合は、胆のうからでる胆汁がきちんと分泌されていない可能性があります。
健康診断のときにバリウムを飲んだときに白い便が出ても問題はありませんが、通常時に白い便が出る場合は、病気が原因になっている可能性があります。

便臭い原因病気の原因

 

肝臓がん、すい臓がん、胆石(胆のう管に詰まっている可能性)など

 

緑色の便

緑色の便が出る場合は、お酒などを飲み過ぎや食べ過ぎなど暴飲暴食が原因となって、肝臓の働きが弱くなっているときに起こります。
(赤ちゃんは、緑色の便がでることがありますが心配はいりません。)

便臭い原因病気の原因

 

食中毒、小腸の炎症、大腸の炎症、黄疸 など

 

赤い便

便に表面に血がついている場合は、切れ痔の可能性もあります。しかし赤い部分が練り込まれている便の場合は、病気が原因になっている可能性があります。

便臭い原因病気の原因

 

過敏性大腸炎、潰瘍性大腸炎、直腸がん、大腸がん など

 

不健康な便の原因をチェック

便の臭いは体調がとても影響しています。不健康な便は色だけでなく、便の種類でもチェックすることができます。

 

便が下痢の原因

大腸が炎症を起こすと、大腸内で水分をきちんと吸収できなくなるので、排出される便が下痢になってしまいます。
下痢の便が出るときは、腸内の不調が原因になっている場合がほとんどです。食中毒など、体内に入った細菌や毒素を排出されるために下痢の便がでます。

 

下痢の便と便秘が数日おきに繰り返される場合は、病気が原因の可能性があります。

便臭い原因病気の原因

 

過敏性大腸炎、潰瘍性大腸炎 など

 

便が細い原因

細い便しか出ないときも病気が原因となっている場合があります。大腸が病気のせいで狭くなると細い便しか出なくななります。

便臭い原因病気の原因

 

直腸ポリープ、大腸がん など

 

便がコロコロしている原因

コロコロした便しか出ない場合は、便秘が続いているときです。
腸内に長く溜まっている便は、水分を腸内で吸収されてしまうので、コロコロと硬くなります。
大きな病気が原因となっている場合は少ないですが、便秘が慢性化してしまうと、改善はなかなか難しいので、便秘改善の習慣を持つことが大切です。

便臭い原因病気の原因

 

慢性的な便秘症

 

便が黒くて臭い原因のまとめ

便がとても臭くなったり、黒い便になったりしてしまう原因や、白い便や緑の便、赤い便などが出る病気の原因についてまとめてみました。
下痢の便や細い便、コロコロの便など、日頃あまり気にしていない場所で、実は体から病気のSOSが出ている可能性があります。

 

もしかすると病気の可能性があるかも・・と少しでも思い当たる部分がありましたら、ぜひ早めに病院で診てもらうことをオススメします。

 

ほかにも、【⇒口臭からうんこの臭いがする原因と対策】や、【⇒便の臭いを改善する3つの方法】などで、便の臭い対策についてまとめているので参考にしてみてください。

 

便臭い改善

便臭い改善

⇒【便臭い対策ラボ】もっと便臭サプリについて知りたい方はこちら